資産運用にも使われる

コレクション金貨は収集目的だけではなく、金貨の価値が下がりにくいという点から、資産運用目的や後世に残る資産として購入する、現役を引退した高齢者の方々がいます。現役世代であっても、金貨の美しさに魅かれてコレクションをしている方もいます。リリーフ金貨に関しては、芸術品として捉えている方も多く存在します。特に、書斎に金貨を飾っておくと、書斎の荘厳な雰囲気が一層際立つため、和風洋風問わず、大正や、昭和時代を思い起こさせるようなアンティーク調の書斎に、リリーフ金貨はぴったりです。このようなことから、コレクションとしてリリーフ金貨を集める方は多く、もともとは資産運用のつもりが、リリーフ金貨の美しさに惹かれてコレクションをはじめる方もいます

資産運用や芸術品としても価値のあるリリーフ金貨ですが、唯一のデメリットは、購入費用が高いということです。しかし、保存状態に細心の注意を払い、長期間保存しておくことにより、リリーフ金貨が年代物としての付加価値が付くため、一度購入してしまえば、仮に、後々売却することになったとしても元の価値から下がることはなく、ほとんどの場合、値が上がっていることから資産運用方法として人気があります。