希少価値の高い金貨

リリーフ金貨アンティーク金貨は、希少価値が付き、値段が高騰しているものが存在します。リリーフ金貨と呼ばれる、芸術的な絵柄が彫られた金貨は、全体的に価値が高水準です。加えて限定生産、販売されたものであれば、価値は大幅に上がります。金を使用しているため金貨そのものが高価であること、彫られた絵に対する芸術性の評価、これらに限定生産、販売という付加価値が付くことにより、価値は常に高水準を保っています。当サイトでは、希少価値の高いリリーフ金貨について紹介しています。

例えば、イギリスの造幣局で1989年に発行された、エリザベス2世の姿が彫られている金貨は、非常に高価なものとなっています。この金貨が発行された経緯は、イギリスの王立造幣局が1489年にヘンリー7世のために発行した、イギリス初の金貨がきっかけとされています。初の金貨発行から500年経過した後も、イギリスが繁栄を続けてきた記念として、イギリスをはじめ、複数の国家の君主を務めるエリザベス2世の姿が彫られた金貨が記念として発行されました。1989年に発行された枚数は、5000枚と非常に数が少なく、希少価値が高いものとなっています。さらに、金貨の鑑定をおこなう企業のひとつである、NGC社が鑑定したものの中で、最高の価値が付いた金貨は5枚しか存在しません。

このように、金貨1枚でもルーツがあるため、コインコレクターは、ルーツを辿る楽しみや高級感に惹かれ、さまざまなコインを集めることを楽しんでいます